ローンを滞納する前の対策|ワンルームマンション売却で成功を収める必勝法

ワンルームマンション売却で成功を収める必勝法

インテリア

ローンを滞納する前の対策

見取り図

競売を避けるための方法

不動産を売却する理由は個々人によって違います。一般的なのは住み替えなどでマンションや一戸建てを売却する場合です。この場合は不動産の相場価格によっておおよその売却値段が決まってきます。不況の時に多くなるのが任意売却です。これは住宅ローンが払えなくなった時に不動産を売却してローンの返済に充てる方法です。住宅ローンが払えなくなってそのままにしておくと、銀行などの債権者によって不動産を差し押さえられてしまいます。差し押さえになると競売にかけられて市場の相場より安く売られてしまいます。これを防ぐためには、早めに専門家に相談して任意売却という方法をとるべきです。住宅ローンの支払いが難しくなった段階で弁護士に相談すれば、任意売却の手続きをしてくれます。

相場の値段で売れる可能性

住宅ローンが支払えなくて家を手放すのは辛いことです。しかし強制的に競売にかけられると相場よりも3割も4割も安く売られてしまうのです。そうなると住宅ローンの残債が残ってしまい、家を手放した後もローンを払い続けることになります。しかし任意売却は一般の住み替えなどの売却と同じですから、相場の価格で売ることができます。可能性としては高く売れる場合もあります。もし高く売れたらローンの残債を帳消しにすることができます。運が良ければ手元に引っ越し資金などが残ることもあります。任意売却にはこのようなメリットがあるので、早めに手を打った方がいいのです。住宅ローンを滞納してからでは手遅れになることもあるので、とにかく相談することが大事です。